絹巻きケーブル(その2)
絹巻きケーブルについて、その2回目です。
(その1)はこちら

極太の銀単線は堅いですから、配線に少々の手間がかかります。
手で曲げることは可能ですが、感触としては鉛とか粘土を想像してみて下さい。

で、写真のように....浮きますから。
e0057896_1191430.jpg


まぁ、床振動から浮かすためのケーブル・インシュレーター要らずとも言えます??
e0057896_1195390.jpg


銀単線を和紙と絹糸で巻いて作られています。
e0057896_11131678.jpg

e0057896_11134632.jpg

ひたすら絹を巻く作業、その仕上げの美しさには溜息が出ますね。

下の写真はφ0.8mmのプラチナ単線ケーブル。この細さでも、やっぱり絹を巻きます。
.....不器用な私には、もう人間業とは思えないデス。
e0057896_11164371.jpg

[PR]
by まんぺい (masuo65) by masuo65 | 2005-09-20 11:22 | ケーブル


<< 電源(その3) 電源(その2) >>