電源(その3)
電源の3回目は、プラチナ改造プラグ&コンセントをご紹介します。
ケーブルに極太銀線やプラチナ線を使っていても、『ケーブルなんかに拘るより機器内部の配線材はどうなんだ...』等々のご批判があるかもしれません。

機器内部はまた後日に語ることにして、まずはこの改造ACプラグを御覧下さい。
e0057896_1342249.jpg

e0057896_1344038.jpg

上記写真の様に、接点部分にプラチナ細線を配した構造を採っています。
プラグ内は僅か1〜2cmの長さですが、環境によってはケーブルよりも音質に影響が見られます。

メス・プラグ側も同様です。
e0057896_1355035.jpg


当然、壁コンセントもPt改造済み....。
e0057896_1382661.jpg

これに重たい鉄製のプレート(Naok謹製)を嵌めています。
e0057896_1392386.jpg

e0057896_139478.jpg

私も昔は壁コン・プレートなんて気にしていなかったんですがねぇ...。
何故かこのプレートを嵌めると低域が締まるんですヨ。

もう、何をやっても音が替わるのがオーディオなんで仕方ないデス。
自分(や他人)の経験を信じて邁進するのみデス。
(注:電源ラインの改造は自己責任でお願いします)
[PR]
by まんぺい (masuo65) by masuo65 | 2005-09-20 13:20 | 電源


<< 真空管の寿命 絹巻きケーブル(その2) >>