ダイナミックオーディオ・マラソン試聴会・その2
下の写真は朝一番のケーブル比較試聴の時のセッティングです。

e0057896_22143445.jpg

e0057896_22172948.jpg

因みに、右の方に控えているのが....。 
私の愛機(JM Lab Alto Utopia Be)です!!

さて、afuturaさんのBlogにSACDの比較試聴結果がアップされていました。
で、トラックバックさせていただきました。
(トラックバックって、事前承諾無しにやって良いんですよね?)

【Aブロック】
 Ayre C-5Xe(98万円)
 LINN UNIDISK1.1(150万円)
★ LINDEMANN 820(170万円)・・・勝ち残り

【Bブロック】
 BLADERIUS Gondul(190万円)
 Acoustic Arts SORROUND PLAYER 1(130万円)
★ dCS P8i(150万円)・・・勝ち残り

【Cブロック】
 SONY SCD-DR1(120万円)
★ Goldmund EIDOS 19ME-A(予価150万円)
 ESOTERIC X-01 LIMITED(130万円)・・・勝ち残り

(afuturaでの表記に倣いました。 ★は私の選んだ機器です)


私の印象は、

【Aブロック】
Ayre C-5Xe: 
 丸い。だるい。
LINN UNIDISK1.1:
 勢いあり。ニュアンスが出る。ハキハキしている。
LINDEMANN 820:
 艶、透明感あり。 Aブロックはこれで決まり!!

【Bブロック】
BLADERIUS Gondul:
 ザラザラする。軽い。分解能悪し。 
Acoustic Arts :
 弾みのある音。少しカサカサが付く。全体に整った音。
DCS P8i:
 張りがある。中域が美味しい。
 というか多少ピークを作っているのか?
 でも、鮮度があり、溜と勢いが表現されているのは好感触。
 少し曇り(ベール)を感じるが....。

【Cブロック】
SONY SCD-DR1:
 音色がモノトーン。薄い音。
Goldmund EIDOS 19ME-A:
 ニュアンスが十分に表現されているが特に強調することもない。活き活きしている。情報量が上々。
ESOTERIC X-01 LIMITED:
 少し福与かな音。色付けあるかな。でも悪くない艶々感。

以上の私のコメントは、あくまでもその時のシステム(各機器との相性)に於ける、限られた環境での印象です。 
BLADERIUSなんかは、単に他の機器のアラ(粗)が出てしまっているだけなのかもしれません。
Ayreは付属の電源ケーブルが悪かったのかもしれません。

それでも、自分の部屋に持って来たときは(自分の脳内では)こう鳴るのかなぁ?
と判断出来る範囲で聴き取ることが出来た気がします。

まぁ、あくまでも固定された環境で聴き取ったのが、上記の結果であり。
システム、それこそケーブル次第で、如何様にも順列が変わるは、後のセッションの経験でも明らかになるのでした。
(つづく)
[PR]
by まんぺい (masuo65) by masuo65 | 2005-10-03 20:58 | その他


<< ダイナミックオーディオ・マラソ... 2005年ダイナミックオーディ... >>