Mullard ECC-35
ここ一両日のやり取り、試聴で判った(勉強した)こと....。

205Fより205Dの方がアンプの駆動力が増しました。

6SL7(RCA 5691)をECC35に差し替えると、これまたF→Dの時ほどではありませんが。
駆動力が増しました。

なお、駆動力の増し方は、あくまでも私の主観です。
あと、真空管の動作曲線については未だに理解していません。(^_^;
e0057896_17132887.jpg


P.S.
ふらさんのBlogにリンクを張りました。
[PR]
by まんぺい (masuo65) by masuo65 | 2005-10-18 17:15 | 真空管


<< カソード抵抗の交換。 Western Electri... >>