PCオーディオ(比較試聴中)
未だにまだ試聴中....。orz
御厚意から機材をお貸し下さった方々には、結果報告が遅れて申し訳ありません。m(_ _)m
e0057896_1535661.jpg

1)暫く前に、『オラクルのCDトラポは音質面(定位・情報量)でPCオーディオに負けた』といった趣旨で書いたかもしれませんが...。
 その後、G−25U改によるクロック打ち直しの結果。
 オラクルの良さをジワッ,ジワッと感じ始めている今日この頃なのデス。
 まだまだ、手放しでPCオーディオを認める訳にはいきません。(^^ゞ

2)上の図で、グループ3が目下の私のリファレンスとなるシステム。 自分の耳が一番慣れ親しみ覚えている音です。

 グループ2についても、環境はほぼ決定。(と言うか、他に選択の余地なし)

 CDトラポは勿論のこと、Air Mac Expressも、SoundBridgeも独立したオーディオ専用コンセントから電源を供給。
S/PDIF伝送用には絹巻き銀撚り線、絹巻きプラチナ単線、Stealth IndraをRCA同軸で使用。光ケーブルにはMonster Cable。 
 出来る範囲内で最良と思われるセッティングにしました。
 デジタル・ケーブルに関しては50cmから1mの短さですから。
 これをG-25UやDACに繋げようとすると、もはやセッティングの自由度は殆どないのです。

 環境はこれで固定。あとはひたすら聴き比べるだけです。(^^ゞ

3)問題がグループ1です。セッティングの自由度・組合せがあり過ぎてしまい、迷うことしばしば...。

その中でも一番の問題が、Think Pad と Pansonic Let' Noteとの違いです。
外部CDドライブも同じ、ソフトも同じ、外部サウンドカード(RME Multiface)も同じにしているのに両者で音が違います。

パソコン環境次第で音質がコロコロと替わってしまいます...。
それも微妙な差ならまだしも、かなり差が出ているのです。
乱暴に単純化してみると、こんな感じ。

Think Pad >= Oracle CDT > SoundBridge >>> Let's Note > Air Mac Express (左から順に音が良い)
....音質といっても色んな要素(音場感、音像の密度感、レンジ感、分離感etc.)があるので、一列にして順序を付けるのは難しいのですが。

それにしても、パソコンを変更しただけで、かように優劣に差が出てしまうとは。
PCオーディオの音質を比較評価する際、あるいはサウンドカードの比較試聴をする場合なんかも、これはかなり問題になるのではないでしょうか?
個人個人が所有するパソコン次第で、音の優劣が替わってしまうという事です。

Let's Noteが新品という事で、バッテリーがエージング途中かもしれません。
でも、エージングだけでは埋めきれない差がThink Padとの間にあることが、判り始めて来ました。
バッテリーの差だけでなく、巷間言われるところのCPUクロックの差とかもあるのでしょうか?(;^_^A アセアセ…
[PR]
by まんぺい (masuo65) by masuo65 | 2006-04-18 14:14 | PC Audio


<< PCオーディオの近況 Air Mac Express... >>