プリアンプ試聴1
プリアンプ(ラインセレクタ)が故障(ヒューズが飛んだ?)で、Naokさんのところにドック入りしています。

    これ→
e0057896_2125810.gif


それで取り敢えず、音を出すためにソフトンのアッテネーターを入れてみたところ、ゲインが足りなくて、蚊の鳴くような音。(__;)

仕方なく、押し入れの中からアキュフェーズのプリメインアンプ(E305V)を引っ張り出しました。音色はなかなかアキュらしいシルキーな高域で好感触。
しかしながら、ボリュームのガリがひどくて、左右の定位に難あり。解像度も「う〜ん。こんなものだったかなぁ〜?」 の状態。

そんなこんなで....。
久々のオーディオ趣味再開で、物欲モード全開!!!
新規プリアンプの購入を決定しました。\(^^@)/

購入の目的は以下の通り。
1)正規プリアンプが復帰したらサブとする。
2)そのためには、コストパフォーマンス、省スペースを重視。ハイエンドは却下。重厚なでかいのもダメ。
3)正規プリアンプはゲインが小さく、大音量が得られないので。ならば、フルオケ再生にも耐えられる、ドライブ力のあるプリアンプが見つかれば嬉しい!!
4)プリアンプに味付けは求めない。透明感重視。

以上のような条件で、数日間、ネットや雑誌で情報を収集。目星を付けたのがNuForce P9でした。(写真はNuForceのHPから転載)
e0057896_2114688.jpg

コンパクトでコストパフォーマンス良好。 無色な音色との定評あり。
設計が元スペクトラルのデミアン・マーティンと言うことも気に入りました。
スペクトラルのDACを気に入って常用していますので、相性が良さそうです。
他にも電源部別筐体。アナログ・ボリュームを別筐体から電子制御。などなどマニア心をくすぐります。(^_^)

そこで、試聴出来るショップを検索。銀座のショップが確実で利便性も信頼度も良し。
早速に試聴をお願いしました。
ショップの試聴室で実物に触り、音色、音場、解像度などを確認。
特に不満な点はなく、自宅試聴となりました。(つづく)
[PR]
by まんぺい (masuo65) by masuo65 | 2008-09-08 21:30 | 私のシステム


<< プリアンプ試聴2 オフ会 >>