OCTAVE HP300mkII
ブレイク・イン(初期エージング)も済んで、良い感じかと思われる今日この頃....。
写真をアップしておきます。(^_^)
e0057896_22264348.jpg


実は、驚いたことに、初日から程なくして、良い音で鳴っています 。
昔、Jeff Rowlandのプリメインアンプのエージングに1年掛かった経験があるので。
ちょいと覚悟していただけに、拍子抜け!!
....メーカーが出荷前にエージングしているのでしょうか?

陰影の深さは、以前から何度か試聴して、個人的に好感を持っているEARの真空管アンプに通じるものがあります。
EARがよりミュージカルな音色なのに対して、OCTAVEは見通しの良い空間が得られます。そして、その音場空間の中に、色付けの無い、鮮度の高い、音のかたまり(音像)が生々しく定位します。
中身はこんな様。
e0057896_22343229.jpg


さてさて、これから、ヒューズや線材を弄ったり、
e0057896_2238366.jpg
e0057896_22382169.jpg

オルフィさんお勧めのTELEFUNKENも是非試したいところ....。
e0057896_2238381.jpg


.....と思っていたところ、新たなトラブルが発生...。(__;)
(つづく)
[PR]
by まんぺい (masuo65) by masuo65 | 2008-10-08 22:46 | 私のシステム


<< Spectral SDR-20... プリアンプ試聴2 >>