<   2005年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
by まんぺい (masuo65)
室内音響(測定)
11月28日の私の投稿(残響時間に関して ー 高音域密度の問題(その3))で、7000Hz以上の高域が測定出来ない問題を書き込みました。
この件についてumemeさん、さらにはAkimitsuさんのアドバイスを受け、ようやく改善をみましたので報告いたします。m(_ _)m

結局、手持ちのウィンドウズ・パソコンの内蔵サウンドデバイス(SoundMAX Integrated Digital Audio)の使用は諦めました。orz

で、新たにRoland(EDIROL)社製のオーディオ・インターフェースを導入しました。
UA-4FXというUSBケーブルでパソコンと接続出来る装置です。
この機械はコンデンサーマイク用のファントム電源を内蔵しているため、以前よりも接続がシンプルになって良いです。
さらには、パソコンのミニプラグと違って立派なRCA端子を備えているのでミニ〜RCA変換プラグも不要となりお勧めです。(^_^)
他にも、室内音響の測定には全然関係ない機能ですが、音質補正(真空管アンプの音をモデリング)機能があったりして、色々と簡易に遊べるようです。
e0057896_13525769.jpg

それで、測定結果はこんな感じです。
e0057896_13533855.jpg

低域に見られる120Hzの谷は部屋の定在波が絡んでいるのでしょうね。
今回、気になったのは12000Hzあたりの大きな谷です。これは何でしょうネ? 
Alto Utopiaのベリリウム・ツィーターの領域です。楽音では超高域の倍音に係わる領域....。
ステレオファイル誌がNova Utopia BeのSP直近での測定結果をアップしていますが、それにはこんな大きな高域の谷なんぞ無いです。orz 
私の部屋and/orシステムに起因する谷なのは明らか。さてはて、どうしよう。
あと、全体に10kHz以上の高域がだら下がりなのはUtopia Beの特性だと思われます。

続いて高音域の密度、楽音の聴感上の響きに関係する項目をインパルス応答のグラフで観察します。
e0057896_13535560.jpg

残響のエネルギー量は60msec(-20dB,8kHz)くらいまでは伸びているようです...。
これを、さらに70msec,80msecと伸ばしていくのが、今後の室内音響セッティングの課題でしょうか?

最後に残響時間のグラフ。
e0057896_1354929.jpg

驚いた事に、1ヶ月前に比べて残響時間が全体に0.1sec以上も伸びています。
天井のスカイラインを増やしたこと、SPやリスニングポジション(マイク測定位置)の変更だけでこんなに変わってしまうものか、ちょっと疑問??
聴感的には(心情的には?)、電源の改善が響きの良さ(残響密度)に直結していたりしないかぁ....、と自己満足的に解釈。(^^ゞ

何れも未知の分野のことなので、コメント出来る人が居られましたら、教えて下さい。m(_ _)m
[PR]
by まんぺい (masuo65) by masuo65 | 2005-12-29 15:43 | 室内音響
柱上トランス
e0057896_12363443.jpg
写真はうちの斜め左前に立っている電柱。
この界隈の数軒で共有されている柱上トランスなり。

で、昨日私の留守中に、関電工の車が大挙押し寄せて来たらしい。
そうして置いていったのがこちら...。
e0057896_18225443.jpg

同時に引き込み線を〈SV38〉に変更。
11月に施工していただいた屋内電源工事(CV22+専用ブレーカーに交換)と合わせて、ついに一連の電源工事が完了!!

音の変化は素晴らしいの一言!\(^O^)/
出水電気の島元社長には、再三に渡り御足労・アドバイスをいただき感謝申し上げます。

交換直後の土曜日には時間がなかったり、勘違いがあったりもしました....。(^^ゞ
48時間が経過してエージングも進行(?)、月曜日時点での試聴結果を御報告したいと思います。

まず自分の耳がピピピッと反応したのは低域の量感。
当社比2倍といった感じに低域のエネルギー感が、それこそ水がバシャバシャと溢れる様にたっぷりと...。

そして、意外に思われたのが、音が柔らかになったこと。
柱上トランス+SV38のエージング完了までは「固い音になるのだろうな」と身構えていたので....。
結果、余りにもフワリとした感触、寧ろ滑らかさが数段向上していることに、拍子抜けしました。
島元社長曰わく「音の繋がりが滑らかになる」との由。
事前に何度も説明されてはいても、やはり『百聞は一聴にしかず』(百聞は一見にしかず)
あぁ、社長はこの音を言っていたのかと納得することしきりでした。

音場(サウンドステージ)に関しても、これまた当社比2〜3倍。
眼前に広がるフルオーケストラの俯瞰(パースペクティブ)がそれは見事なもの!!

.....わざわざ(サウンドステージ)とか(パースペクティブ)とか付け加えるのは音場の見通しの良さを少しでも文章で強調したいからであり、これで伝わりますでしょうか?(^_^)

Akimitsuさんにはその後、ケーブルの取り回しやら、室内音響パネルの調節やら、色々沢山して貰い、感謝感激。
高域の伸び・開放感に関して、とても勉強させられました。m(_ _)m

特に先週までつまらない音でしか鳴っていなかった、このソフトが
e0057896_21201256.jpg
もの凄くパワフルに開放的に鳴ってくれるに及んでは.....感涙モノ。(T.T)

ついでに。
Akimitsuさんとはそれなりに長い付き合いですが、彼のオーディオ・スキルの向上にも感心したことを付け加えておきます。

(まだ初期エージング途中だとは思われますが)
島元社長が帰られた後も、さらにAkimitsuさんが帰られた後も、さらに音が良くなっている事を御報告申し上げておきます。m(_ _)m
[PR]
by まんぺい (masuo65) by masuo65 | 2005-12-18 12:43 | 電源
コンデンサー
Audio Basic誌2006年冬号p.141-151の「My Audio Life」に登場の伊藤基文さん宅...。
部屋一杯の驚くほどのコンデンサーに注目。

(以下、記事より抜粋)
本人:『コンデンサーの量は、増やせば増やすほど余裕が生まれ音がよくなります、それは、埋もれていた表情や音楽の深さを掘り起こすような作業です』
記者:『確かにきいたこのない音だった。200Vの電源にしたり、家の前に電柱を立てるぐらいなら、コンデンサーを追加した方が良いのかも知れないなぁ』
だって!!

んで、下の写真は我が家のSiemens製のコンデンサー。
拙宅ではパワー2台とプリ1台に、これを付けています。
e0057896_8134290.jpg

記事の家とは勝負にならない...というか、勝ち負けを争う問題ではないけれど。
いえ、絶対に真似したくはないんですが。
.....マニアならではの複雑な気分。(^◇^;)
[PR]
by まんぺい (masuo65) by masuo65 | 2005-12-18 08:09 | 私のシステム
近況
久々に投稿アップ。
といっても、この1〜2週間は殆どオーディオを聴いていません。
毎日、帰宅後に灯は入れています。
でも、試聴5分間以下だったりして...。orz

部屋の中は散らかりっぱなしデス。
e0057896_7352420.jpg

主が居ない部屋で、(エージングの為に)音楽が鳴っているだけです。
坐ることのないリスニングチェアには、BEHRINGERのコンデンサーマイク〈ECM8000〉が置きっぱなし...。
[PR]
by まんぺい (masuo65) by masuo65 | 2005-12-18 07:39 | 私のシステム
相互訪問(ふら邸〜まんぺい宅)
ふらさんが拙宅の音について、丁寧にコメントして下さいました。
試聴感想 まんぺい氏
誠に有り難うございます。m(_ _)m

More
[PR]
by まんぺい (masuo65) by masuo65 | 2005-12-06 14:16 | その他