<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
by まんぺい (masuo65)
クロック・ジェネレーター
e0057896_23121914.jpg
上から順に...

RME Multiface................ (PC-Audio interface)
Esoteric G-25u.............. (Up-Converter & Clock Generator)
Spectral SDR2000pro..... (D/A Converter)

と言うことで、富山発、Booさん経由でG-25uが届きました。
なんでも全国行脚中らしい...。富山の薬売りみたいだなぁ。 (^^ゞ

因みに、これは普通のG-25uではありません。
どらさんが手を入れたスペシャル・チューンアップ版です。
どらどら、ドラがいく。
ここを読めば判る通り、ルビジウム・クロック搭載のスーパーG-25uなのでした。

まだセッティング途中なので、試聴結果は後ほど...。m(_ _)m

3月24日、追記。
BNCコネクタのケーブルが手持ちになくて...。
直ぐに発注したものの到着待ちです。(^_^;
[PR]
by まんぺい (masuo65) by masuo65 | 2006-03-19 23:21 | PC Audio
PCオーディオ(その4)
今、mimigaさんから教えて貰った「ituneと単体DACで相当ウマー」のスレッドを1から読んでいます。
やっと370レスまで読みました。
まだ半分です。(;^_^A アセアセ…
でも、凄く勉強になりました。知らなかったことばかり...。

で、PC→AirMacExpress→光→DAC and/or デジタルアンプ→SPといった構成を、実践している人が多いことに興味津々。
e0057896_0484952.jpg

かって、ステレオファイル誌にAirMacExpressが取り上げられている記事を見た時はキワモノのように感じて読み飛ばしていました。(^_^;
今になって、必死に読んでみました。

何と、ジッター計測値に関しては、RMEのPCIカード(Digi96/8 Pro)よりも優秀であるとのこと。

既に我が家にはAirMacExpressがゴロゴロ転がっていますので、マカーな私が考えた構成は
PowerBook_G4→AirMacExpress→光→Spectral DAC→プリアンプ→SPです。

予想される問題が二つあって、一つめはAirMacExpressの電源がショボイと思われること。
この小さな筐体を分解して外部電源対応にすることは可能なのか?

それから二つめは、光伝送の音質では満足出来ないと思われること。
同軸デジタル出力に改造することは可能なのか?

どちらも、少なくとも私の腕では出来ませんが....。orz

まぁ、取り敢えず我が家にはマックもAirMacExpressも既にあるのだから、
今ある環境だけで試してみようと思います。
先程、アップルストアでMonster cableの光ケーブル( mini-オプティカル デジタルリンク オーディオケーブル)をポチしました。

結果を乞うご期待!

あと、このサイトの記事とか。
2000万円の超高級オーディオにiPodが挑戦

ステレオファイル誌の最新号の以下の記事に、関心を持ちました。
iPod: Threat or Menace?

これからのハイエンドオーディオって、PCオーディオがキーワードなんですネ。
認識を新たにしました。
[PR]
by まんぺい (masuo65) by masuo65 | 2006-03-08 00:53 | PC Audio
PCオーディオの奨め
PCオーディオ・・・? (その1)PCオーディオ(その2)で語った通りの経緯です。
で、ただいまPCオーディオをメインシステムに上場すべく、我が家のシステム構成を吟味中です。

本日現在の構成はこんな感じ。
e0057896_10472689.jpg


この中で音質面でもっとも重要と思われるのが、Naokさん特製の電源(トランス)です。

Multifaceに付属の純正電源と比較試聴してみると、
純正電源の方は、明らかに透明感が失われ、音場感(立体感)が減少、音の分離が不良であります。

ただ、当たり前のことですが基本的な音色には変化がありません。
ダイナミックレンジに優れ、ピュアオーディオ的音場再現性を達成しているシステムでないと、この違いは判りづらいことになるかもしれません。

そして、(まだ数枚のCDを試してみただけですが)
PC用のCDプレイヤー(Novac社製)で直接にCDを再生した時の音質と、
CDからリッピングした128kbps WAVファイルを再生してみた時との比較では(再生ソフトにはWindows Media Playerを使用)、

何故か低音の量感が全然違います。
CDプレイヤー再生の方はスッキリ・あっさりとなります。
で、特に中高域での情報量が落ちてしまい、ダイナミックレンジも減少。つまらない音になります。
これに比較して、リッピングデータでの再生は、実の詰まった滑らかな音で、いつまでも聴いていたくなる情報量の高い好音質となります。
低域の量感の増え方も、単純に音像が肥大しているのではなく、CD直接再生で埋もれていた低音(情報)が新たに聴こえているかの様に感じ取れます。

リッピングデータの再生では、従来の私のメインシステムであるオラクルCDトラポの音質を凌駕しました。( ・_・;)
私がオラクルCDTの一番の長所と思っていた「音の滑らかさ」という要素で、超えられてしまいました。
心情的には、超ヤバイ結果です。

よくよく聞き込むと、情報量の増大、一音一音が緻密なことが、
この滑らかに繋がっていることが判ります。

音の余韻(ホールトーン)が増大して、非常に美音です。
付帯音にマスクされた美音ではなく、情報量増大による美音であることが
オラクルCDTとの比較で明らかです。

また、ダイナミックレンジの広がりに著しい向上を感じ取れます。
音の強弱がとても聴き取り易くなり、音のテンポ・躍動感の向上が得られます。

それから、女性ボーカルの高域端において、今までオラクルCDTでは
マスクされて聴き取れていなかった音があったことにも気付きました。

PCオーディオ、恐るべし。

(ジッターまみれの?)プレイヤーをお使いの諸氏は、うかうかしていられない事になるかもしれませんヨ。(^^ゞ
[PR]
by まんぺい (masuo65) by masuo65 | 2006-03-07 11:28 | PC Audio
PCオーディオ(その2)
今までの私にとって、PCオーディオは完全にOut of 眼中だった(視界の中に入っていなかった)ので、慌てて知識を仕入れています。

で、普段は覗かないAudio Asylumを見てみたら、ちゃんと[PC Audio]と名打った板があるじゃないですか!
ざっと斜め読みしたものの、余りにも範囲が広くて全体像を掴むのは大変...。

いい加減に英文を読むのが嫌になって、Googleで「PC Audio」をキーワードにして日本語のサイトを検索。
すると検索2位にイケオンのPCM-S1(ハードディスク・トランスポート)の記事が...。
おぉ、これならば私も知っている。既知の記事が見つかってやっと安堵です。(^^ゞ
しかし、その他のサイトはどうもコンピューター畑の人達がする話ばかり。ピュアオーディオとして鑑賞に堪えうる音質で物事が語られているのかどうか、疑問です。

改めて、「pcオーディオ ピュアオーディオ」で検索をやり直し...。
検索1位にあった、あった、ありました。
パソコンオーディオからピュアオーディオまで
 PC AUDIO の部屋

参考にさせていただきます。m(_ _)m

2位の記事には一般人からみたピュアオーディオのコメントがあり思わず苦笑。近況(ピュア・オーディオとモバイルSuica)

以下、3位、4位と見ていきますが、ちょっと古い話だったりして。
私の目的とする「Hi-End Audioに勝るとも劣らない音質のPC Audio」という話題は出てこない...。
検索18位には、このBlogまんぺいのオーディオ備忘録(前回の投稿)
が出て来てしまい、これまたガックリ。orz 

2ちゃんのピュアオーディオ板を見ても、ピュアオーディオのレベルで語られる「PC Audio」のスレッドが無いように思うのですが、どう?

少なくともネット上では、まだピュアオーディオ方面からの関心は低いと言うことか....。
う〜ん、まだまだなのデス。
[PR]
by まんぺい (masuo65) by masuo65 | 2006-03-02 23:29 | PC Audio