近況
久々に投稿アップ。
といっても、この1〜2週間は殆どオーディオを聴いていません。
毎日、帰宅後に灯は入れています。
でも、試聴5分間以下だったりして...。orz

部屋の中は散らかりっぱなしデス。
e0057896_7352420.jpg

主が居ない部屋で、(エージングの為に)音楽が鳴っているだけです。
坐ることのないリスニングチェアには、BEHRINGERのコンデンサーマイク〈ECM8000〉が置きっぱなし...。
[PR]
by まんぺい (masuo65) # by masuo65 | 2005-12-18 07:39 | 私のシステム
相互訪問(ふら邸〜まんぺい宅)
ふらさんが拙宅の音について、丁寧にコメントして下さいました。
試聴感想 まんぺい氏
誠に有り難うございます。m(_ _)m

More
[PR]
by まんぺい (masuo65) # by masuo65 | 2005-12-06 14:16 | その他
残響時間に関して ー 高音域密度の問題(その3)
色々とやってみたんですが、測定が上手くいきません....。
この話題を出すには、まだ消化不良だったようです。
一寸後悔しています。
それでも、ふらさん、KOBAさん、どらさんにレスして貰えたので、話を続けます。(^^ゞ

残響時間は測定出来ました。前にアップした通りです。
ところが周波数特性がダメです。
何故か7000Hz以上をマイクが拾いません。orz
こんな感じなのです。
e0057896_17182595.jpg

ハードウェア環境はIBM Think PAD X41で、サウンドデバイスにはSoundMAX Integrated Digital Audioを使用です。
(誰か解決法の判る方がいらっしゃいましたら、宜しく御教示お願い申し上げます。m(_ _)m)

仕方ないので、以降、7000Hzより高域側は無視して話を進めます。


サーロジックのHPの説明を繰り返し読んでみました。
http://www.salogic.com/home-select.files/home-10-sub.htm
HPの中から以下の図を2枚、参考の為に抜粋させていただきました。

まず一枚目の図は、悪い例(パネル無し)でのインパルス応答です。
e0057896_17281085.jpg

次に、2枚目は良い例(パネル有り)でのインパルス応答。
e0057896_1728477.jpg

2枚とも8000Hzでの測定で、残響時間は同じ 0.43secを示しています。
しかし、例え残響時間は同じであっても、その残響の質(高音域密度)を見ると、こんなにも波形が違うということを示しています。

曰わく、『拡散音を増やしても残響時間は変わらない。残響時間の数値だけで最適残響量と思ってはいけない』との事です。
つまり、響きの良い音を示すには、その密度(残響の質)を云々すべきだとの趣旨です。

ところで、サーロジックで使用されているインパルス応答の図は、縦軸の単位が「振幅」になっています。
私には、この読み方が判らないです?? (;^_^A アセアセ…

50msecでは、振幅が0.2近く残っています。
100msecでは、振幅は0.1弱くらい。
う〜〜む。 「振幅」=「音圧」と換算してしまって良いのでしょうか?

...であれば。
-20dB=10分の1=0.1 と換算すれば正解?

では、我が家のインパルス応答をアップします。(7000Hz以上は無視して下さい)

e0057896_17351072.jpg

ちょっと見づらいのですが、よ〜く目を凝らすと...。
-20dBの音圧レベルを確保しているのは50msecまでのようです。
う〜む。
サーロジックさんの挙げた「悪い例」と「良い例」の中間のレベルかな?  (^^ゞ
[PR]
by まんぺい (masuo65) # by masuo65 | 2005-11-28 17:57 | 室内音響
コンセント・ボックス
今日届いたNaokさんからの定期便。
...感謝です。m(_ _)m
e0057896_23131178.jpg

これでまた、「音」が変わるんですよネ。(^◇^;)

正直、普段はこうしてBlogに記録を留めたり、インプレを上げたり、考察したりする暇がありません。
嬉しいやら、悲しいやら。(^^ゞ

今日もこれから、コンセントボックスのエージングを始めます。
こうして、毎週毎日の如く、オーディオ環境、試聴条件が変化していきますので。
日々の「音」を聴いて追っかけるだけで精一杯。

一つ一つの変化を確かめて、再現性を確認するとか。
一個一個のアイテムを突き詰めていくのは、不可能かと...。


因みに、写真後ろに写っているのは、私のセカンド・システムなんですが。
セッティングを詰めるどころか。
エージングもまだまだの状態だったりして....。(^_^;

んで、コンセントボックスのインプレは後日になります。
やりたい事・やった事の半分もアップ出来ていない状態なので。
その報告もずっと先になりそうです....。m(_ _)m
[PR]
by まんぺい (masuo65) # by masuo65 | 2005-11-23 23:18 | 電源
残響時間に関して ー 高音域密度の問題(その2)
さて次に、ふら邸で計測した「インパルス応答」を図示して。

ここに......我が家との差を比べてみようと思ったのですが。





ふら邸の「インパルス応答」を測っていませんでした。orz
おい! こらっ! バキッ!!☆/(x_x)

まぁ、先に述べた如く。
元々、10msecまでの応答しか想定していませんでしたから。
音の速さを 340m/sec とした場合、10msec=約3.3mです。
これではスピーカーからの直接音(〜せいぜい一次反射音まで)しか測定が出来ていません。

でも、ふら邸訪問記で述べたように。
ABS-9999とプラチナRCAケーブルを、CDT~DAC間から外したり、入れたりしただけで。
高域の美音(円やかさ)や残響の伸びが、聴感上、はっきりと区別出来ました。

つまり、
残響時間(インパルス応答)の測定については。

1)ルームアコースティック
2)オーディオ装置
3)(自分で録音をしている人は)録音ソフト

の3種類に分類すべきだと思います。

分類(1)のオーディオ装置でのインパルス応答の差が。
10msecで比べてみた時に。
きっと、ふら邸と我が家との間で、差が出るのではないでしょうか?

そんな訳で、ふらさん。
もう一度、測定にお邪魔させて下さい。(^◇^;)
[PR]
by まんぺい (masuo65) # by masuo65 | 2005-11-23 22:19 | 室内音響
残響時間に関して ー 高音域密度の問題(その1)
サーロジックのHPに以下のような説明があります。
http://www.salogic.com/home-select.files/home-10-sub.htm
ここの『残響音の高音域密度の改善』の欄を読むと面白いです。

以下、抜粋。
>本件のオーディオルームでは、正面の一部にカーテンがあり、床の手前部分にカーペットがあり、浮雲の吸音体が3個ある以外ソファーなどの吸音体は無い。天井が高いこともあり、反射面に比べた吸音面の量は平均的なオーディオルームに比べて少ない方である。残響時間の値も概ねフラットである。

残響時間(チューン前)
500Hz 3.15k 4k 5k 6.3k 8k 10k
0.43 0.45 0.46 0.43 0.45 0.43 0.42
残響時間(チューン後)
500Hz 3.15k 4k 5k 6.3k 8k 10k
0.45 0.47 0.48 0.45 0.46 0.43 0.43
 しかしチューニング前のインパルス応答の波形を詳細にみると、高音域の総エネルギー量が急減していることが読み取れる。5kHz以上の高音域の残響音は音楽に躍動感を与え、且つ音に丸味を与える成分であるから、むしろそのエネルギー量が上昇するくらいが好ましい。

以下、まだまだサーロジックの説明は続くのですが、詳しくはサーロジックのHPを参照....。

それで、さらに続きを読んでいくと、

10000Hzの高域でも、 数十〜200msecくらいまではインパルス応答が伸びていることが必要ならしいです...。 (^_^)3 フムフム。

で、我が家の場合です。(測定機器の不具合?で、7kHz以上はカットされています)
e0057896_2039830.jpg


ありゃっ ?
0.01sec(=10msec)までしか測っていなかったりして....。(;^_^A アセアセ…

今、確認してみたところ、私の使っているソフトでは200msecまでの設定が出来るようです。
(デフォルトでは10msecまで)

まぁ、私の測定が適切な条件(環境)で行われているのか。
さらには、私の読み方が合っているのかどうかも疑問な訳ですが...。

次回の再測定に....乞うご期待 !!
[PR]
by まんぺい (masuo65) # by masuo65 | 2005-11-23 20:59 | 室内音響
ふら邸訪問記(その3)
長文乱文で失礼します。これで最後の予定です。

ふら邸は、まだ新築1年という大型マンションの一室でした。
オーディオはリビングに設置されています。
右側はベランダに面したガラス、左側はカウンターキッチン、後ろ側は和室へと続いています。
スピーカーの置かれた周囲だけが壁に囲まれています。
部屋の長さを実測してみると、約2.7m x 7.9m x (高さ)2.56mでした。
これにカウンターキッチンも加わる変形ですので、上のサイズはだいたいの目安です。

More
[PR]
by まんぺい (masuo65) # by masuo65 | 2005-11-22 15:07 | その他
ふら邸訪問記(その2)
予想と違ったのは、もの凄く『美音』だったこと。

「えっ!?  ダイアトーンでしょ。 マークレビンソンでしょ?」
「なんで、こんな綺麗過ぎるくらいに響くの!?」

当然、レビンソンのプリとパワーで駆動されるダイアトーンは、
それはそれは見事な定位と解像度を持っていました。
SPの存在が消えるのは勿論のこと。
SPの後ろに設けられた十分なスペースを超えて音場が広がっていました。
音場も音像定位もとても高いレベルなのです。

本来ならば、端正でモノトーンな音になると思われるアンプとSPの組合せですが...。
ダイアトーンのツィーターは嫌な音を全く出しません。皆無です。
ホントに綺麗過ぎるくらいです。
音の立ち上がりは速く、
そしてこれがふら邸の特徴と言える程に、高域の残響が綺麗なのでした。

測定してみるとこんな感じなんです。
e0057896_13303828.jpg

下は、私のシステムを同様に測定した時のものです。
e0057896_13312696.jpg

音色が綺麗なだけでは無いですネ。
ふら邸のシステムでは、中低域に比べて高域の残響時間が長いのです。

More
[PR]
by まんぺい (masuo65) # by masuo65 | 2005-11-22 13:36 | その他